事故の申告

  • 車を査定に出す際には、事故車であるかどうかといった点が影響してきます。 また、事故車扱いとなった場合、査定にマイナスの影響が出る可能性もありますので、それらの知識については、身につけておきたいものです。
  •  
  • 実際の査定では、事故車扱いとなる定義というものがあります。
  • 車を査定に出した際に影響してくる、事故車の定義というものについて解説していきます。
  •  
  • 事故車の定義とは、自動車のフレーム部分を修理、もしくは損傷している車ということになるのです。 つまりは、バンパーやボンネット、トランクフードやフェンダー、ドアなど、外板を修理や交換しただけの中古車は、事故車にはならないということになります。
  •  
  • もし、査定の際に、事故車と判断されてしまうと、査定の価格はおよそ20%程度も減額されてしますことになります。
  • もちろん、事故の状況がもっとひどい場合には、それよりも大幅な減額となってしまいます。 事故車については、前述のような定義があるのは事実です。 しかし、自分では判断できない部分もありますので、やはり買取事業者にしっかりと確認するようにしましょう。
  •  
  • もし、明らかに事故車であるにも関わらず、申告をしなかった場合には、もちろん返金扱いとなってしまうことがあります。
  • また、最悪のケースでは、損害賠償請求にまで発展してしまうこともありますので、気をつけるようにしましょう。