ローン問題

  • 今現在、所有車のローンが残っている人にとっては、車の売却なんてまだまだ先の話だと感じてしまうかも知れません。
  • また、名義変更などの手続きにおいても、とてもややこしそうで、売却って面倒だというイメージを持っている人もたくさんいることでしょう。
  •  
  • 多くの人は、ローンを組んで車を購入しています。 それにより、本来ならば、ローンが完済しなければ、その車の正式な所有者ということにはなりません。 実は、本来の所有者は、ローン会社ということになっているのをご存知でしたでしょうか?
  • ということは、勝手にその車を売却しようとしたりって、できなさそうですよね……。
  •  
  • しかし、車の下取りや車の買取りに出すことは可能なのです。
  • ローンを完済してしまえば、その権利はあなたにありますので、問題なくそれらができるのです。
  •  
  • ローンの残債よりも買取額が大きい場合、単純に、買取金額から残債を引いた金額が支払われることになります。 逆に、ローンの残債が買取金額よりも大きいときは、ローン会社へ差額を支払い、その分を新しいファイナンス会社でローンを組んで支払うという方法が一般的なのです。
  •  
  • こういったシステムが整備されているため、現在では、ローン残債の心配をすることなく、車の売却ができるのです。
  • ローンというと、まだまだ完済まで遠く、たとえ愛車の買い替えを検討したとしても、不可能なイメージがあるかも知れませんが、これらの流れで、しっかりと車の売却や買い替えを行うことができるのです。