書類の保管

  • みなさんは、車内に高級な装備品などを搭載した車を所有していらっしゃるでしょうか? 近頃では、高性能な装備品もたくさん登場していますので、それらを車に搭載し、ハイグレードなマイカーとして楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。
  •  
  • そんな高機能な装備品を搭載していれば、当然のようにそれらが査定の際に、プラスに影響すると考えますよね?
  • そこで意外な落とし穴になるポイントがあるのです。 それは、取扱説明書をしっかりと保管しておくということです。
  •  
  • 愛車査定に出した際に、意外な落とし穴となるのが、この取扱説明書。せっかく高性能なカーナビを高額で購入し、搭載しているからといって、その取扱説明書がなければ、次のオーナーが使うことができません。
  • そうなってしまうと、せっかくの高性能なカーナビも、価値があまりないものと判定され、高額査定に結びつかなくなってしまいます。
  •  
  • また、車内の付属品の有無も、車査定の際にはポイントになってきます。取扱説明書と同様、しっかりと保管しておくようにしましょう。
  • さらに、社外品のパーツなどへと交換しているケースでは、純正品もしっかりと保管するようにしましょう。
  •  
  • 次にその車を購入する人が、カスタマイズではなく、純正品を望んでいる場合には、純正品のパーツは必要不可欠となります。
  • それにより、純正品のパーツがない場合や、取扱説明書がない場合には、マイナスの査定となってしまうということです。